2022年12月18日の練習日誌

年明けにアンサンブルコンサートがあるので年末年始年始もまだまだ練習は続くのですが、合奏練習は年内最後。

2組とフランス組曲のおさらいしたあと、石川先生の今年度初練習でした。

まず生誕130年の作曲者ミヨーについて、出生や生涯、同時代の作曲家などのお話がありました。

各章の題名はフランスの地方ですが、日本でいう〇〇地方みたいなものではなく、それぞれ民族も歴史も異なります。島国である日本人には分かりづらい、国が隣接するヨーロッパならでは、フランスの地図を用意すればよかった!

ノルマンディー

まずは超ゆっくりテンポで、ひとつひとつフレーズの歌い方を確認しながら。

ブルターニュ

北西部の半島。民謡の旋律は哀愁をこめて。

イルドフランス

せわしない都会の喧騒。まあまあ吹けてるので次回から厳しめの練習になります!笑

アルザスロレーヌ

フランスとドイツが領土を争った歴史の地。葬送行進曲のように進み輝かしく展開します。

プロヴァンス

南フランス、ミヨーの故郷。紙芝居のように場面が変わり最後は「これにておしまーい!」

バッハのインヴェンションに刺激されたミヨーの難しさはずばり、ポリフォニー。これからの練習で学ぶところが山ほどありそうです!まずは自分の音をよく聴いてしっかり、余裕が出てきたら周りの音も聴いて、大きなアンサンブルを作っていきましょう。

それでは皆様、まだ練習あるけど、良いお年を〜(°▽°)

  • 植竹(ホルン)
  • 石丸 | 武田 | 米村 | 能重 | 井上 | 上野(千) | 佐藤(政) | 谷内 | 山田 | 植竹 | 直井 | 上野(直) | 金子 | 高(武) | 陶山 | 浅子 | 上野(は) | 中井 | 山口 | 上野(眞) | 上野(文) | 彦根 | 刈田
タイトルとURLをコピーしました