2003年10月26日(日) 西保木間児童館への訪問演奏

活動レポート

メンバー
木滑、大谷、工藤、徳山、井手、奥山、高梨、舘、山川、
井上(洋)、賀持、高(春)、田中、小橋、柳橋、新渡、高(武)、中村、
井上(裕)、佐藤(正)、長谷川、角岡、彦根、小林、角田

曲目
鉄腕アトム
WAになっておどろう
大きな古時計
ひょっこりひょうたん島
世界に一つだけの花

メンバーの感想

・木滑(指揮)

この日は以前から天気が悪くなるとの予報が出ていて、前日まで「本当に大丈夫かな?」という天気から一転、当日の朝は抜けるような青空に恵まれました。
もちろん私は「晴れ男」ではありません。

今回で2回目の保木間児童館での演奏でしたが、今回は要領も解かっており、演奏・運営面でもそんなに負担にならなかったかと 思います。
音楽面では、指揮者である私が練習に参加できなくて他の人達にご迷惑をお掛けしたことをここでお詫び致します。そのわりには 良く出来ていたと思います。
私が指揮を振っていた場所は何故か日光がよく当たり、とても暑くて眩しかったです。途中で頭がクラクラしてきました。プレー ヤーが羨ましかったです。

今後ですが、別の日に室内でもっと時間を取って子供たちと直接触れ合えるような演奏会が出来たらいいなと思います。子供たちは楽器にとても興味がありますので、出来れば子供たちに直に楽器を触って、音を出させてあげたいです。

児童館のみなさん、また是非来年も呼んで下さいね。
バナナとあんパン、ご馳走様でした。

・高梨(クラリネット)

朝起きたときは、寒い一日になりそう、と思っていたのですが、予想外に絶好の秋晴れになりました。
快晴のなか、野外演奏ということで、木管楽器の僕としては楽器の調子が悪くならないかとハラハラものでしたが、運良くステー ジが日陰に入り、落ち着いて吹くことができました。

野外では音が散ってなかなか良い演奏ができないものですが、今日はたくさんの子供たちの期待に答えるべく、みんなでがんばり ました!

「鉄腕アトム」に始まった演奏は、どれもなじみのある曲ということもあって、子供たちはもちろん、一般の方々にも楽しんでい ただけたようです。

特に「世界に一つだけの花」は、曲名が紹介されるや子供たちから歓声があがるほどの大人気。
あんなに喜んでくれると、うれしいですね。
こんなときが、アヴァンやってて良かったなぁ・・・と思える瞬間です。
それと、M8ってすげー。ワリとあなどれない(笑)などなど。

難しい曲をステージの上で演奏し終えた後の達成感と、易しい曲でも、目の前のお客さんに喜んでもらえたときの充実感、その両 方を得ることができるのがアヴァンのいいところ。
20分という短い時間でしたが、僕たちにとっても、お客さんの笑顔をまじかにみれて、とても充実した半日になりました。

演奏終了後は、差し入れの品などをいただき、恒例(となっているようだ・・・)のとん汁とポップコーンを食べながら、なぜか 記念撮影・・・(児童館のみなさん、ごちそうさまでした)
来年も是非ここで演奏したいなぁ、と思いました。

・長谷川(トロンボーン)

児童館演奏お疲れさまでした。
今回2回目になる児童館演奏でしたが、前日からの雨も上がり晴天の中、大変気持ちの良い演奏が出来たと思います。
『子供たちも大変喜んでました』って言ってた児童館の先生が一番興奮してたのには、こっちがちょっと恐縮してしまいました。
私個人的には、アヴァンの演奏を聞いて音楽の素晴らしさに共感してくれる人が一人でもいてくれたらいいなぁなんて思っています。

屋外演奏という厳しい条件の中ですが、演奏の機会を提供してくれた児童館の先生たちと演奏してくれた皆さんに感謝いたします。

最後に、児童館の先生から、また来年もお願いします、と非公式な!?お願いがあったことをお知らせいたします。

タイトルとURLをコピーしました