2011年5月3日(火)~5日(木) 合宿

活動レポート

いつもお世話になっている河口湖の「堀幸」さんへ今年も行ってきました。なにやらいろいろとハプニングが起こったようです。

メンバーの感想

・林(トランペット)

今年は、アヴァンでも震災の影響が様々ありました。

まず往路の特急。
いつもならアヴァンのみんなと一緒に指定席で行けるのです。
今年は連休中の特別列車が運休。
それぞれ少人数に別れて乗車。
しかもデッキで。
列車運休で、デッキもかなりの混雑です。
ここに荷物と楽器を持っているのでとても狭い…。
例年にないスタートです。

そんなことより、何より…
震災の影響は、3月・4月の通常練習の場所や時間にもありました。
中止になってしまった日などもあり、
私自身が1ヶ月も合奏に参加できませんでした。
個人練習はしていたものの、
やはり長時間の合奏には限界がありました。
その代わり、久しぶりにみんなで合奏ができるという
楽しさで練習は集中できました。

今まで、あたりまえの様に練習をしてきました。
震災であたりまえの日常が壊されてしまった方々がたくさんいらっしゃいます。
こうして大好きな楽器をアヴァンの仲間とできることを
本当に幸せなことなんだと
改めて今年は、心から実感し、感謝する合宿となりました。

・佐藤(サックス)

今年も行ってきました。恒例の堀幸さんでの合宿です!
今年は震災の影響で3月下旬から4月の練習がままならず、例年通りの合宿ができるのだろうか……いや、そもそもコンサートも大丈夫なの?という不安を抱えての合宿でしたが、参加者も多く、エキストラの皆さんも参加して下さって、充実した練習ができました。どの曲も、全体のイメージを共有することができ、これからコンサートに向けての課題も明らかになって、なんとか、3月・4月のブランクを埋められたのではないでしょうか?

さて、合宿の楽しみといえば、(練習はもちろんのこと、)お酒を囲んでの夜のミーティングでしょう!今年も大いに盛り上がり、宴は深夜にまで及んだようです(私は早々と寝ていましたが)。
こうして、3日間の充実した楽しい時は過ぎていきました。

余談:ミーティングでのゲーム大会、チームでクイズに答えるというゲームでのこと、ショックなことが…。クイズの問題は「今年のコンサートのメイン『ウェールズ狂詩曲』の作曲者は誰でしょう?」「楽勝楽勝」と思いきや、解答者の皆さん、頭を抱えています。皆さーん、『ウェールズ狂詩曲』の作曲者は、エドワード・ジャーマンですよっ!

・上野文(チューバ)

今回はプレイヤーとしては二回目の合宿でした。

実は5月5日に高校の方で本番があったため、行けない予定でしたが、
3月の地震のための自粛の一環で無くなってしまい、合宿参加ということになりました。

家を夜中に出たため、河口湖に着いたのは朝4時頃でした。
今年も、山の麓の寒さを侮っていたため、とても寒く、それなのに羽織るものを忘れてしまうということもありました。

掘幸さんに集合し、練習が始まる前の食事の当番決めでは、Tb&Tubaの代表としてじゃんけんをして、見事に一位を勝ち取りました!

そして、通し練習。
やはりいきなりはちょっとキツかったです。

昼食をとり、午後の合奏。
ここからは眠気が時折襲いかかりながらも、秋、ジャパグラ2曲とミ・アモーレ、ウェールズと吹き、1日目終了。

2日目、前日の天気とは変わって、
晴天で、富士山がよく見えました。
昼食をとったあと、恒例?のアイスを食べに河口湖まで散歩しました。
今年は抹茶アイスを食べました。
美味しかったです(^q^)

ミーティングでは、とっても大変な間違いをしてしまい…。
けど、ちゃんと覚えました!
ウェールズの作曲者は「ジェーマン」ではなく「ジャーマン」です(笑)

そして最終日、
二部とアンコールの通し練習。
流石に体力的にも大変でした。
まあ、パフォーマンスは動くことなくて楽なんですが…。

実はアンコールの『●●●』を練習しているとき、ハプニングがありました。
皆さんは気づいていませんでしたが、
吹いてる時にいきなりティンパニのマレットが目の前に飛んできて^^;
合宿中一番のハプニングでした。

定演まで練習もあと数回、頑張りましょう!!

タイトルとURLをコピーしました