2017年1月8日(日) 第18回アンサンブルコンサート

活動レポート

メンバーの感想

・高(サックス)

午後から冷たい雨の予報でしたが、開場前からたくさんのお客様がならんでくださいました。

私自身は育児のために、定期演奏会とその他の細々とした地域での活動は控え、長らくアンサンブルコンサートのみの出場となっています。

それにも関わらず、いつも何も無かったかのように私を受け入れ、カッコいい(難解な)ソロまで与えてくれるパートのみんなには感謝でいっぱいです。

サックスアンサンブル、ブラボーズはいつものことながら難曲を演奏しましたが、みんなでむずかしい課題に取り組むことはとても楽しく、毎回練習でメンバーに会えることが待ち遠しいほどでした。

本番は結果はどうであれ、あっという間に終わってしまいました。

ブラボーズは次回は何に挑戦しようか?その次(再来年)はアンサンブルコンサートも20回目だよ、などと未来展望を巡らせている次第です。

・土金(テューバ)

第18回アンサンブルコンサートは大変多くのお客様にお越しいただき大盛況のもと無事終了、個人的にも身に余るほどたくさんの友人から応援を頂戴し感謝感激であります。

各チームとも息の合った演奏で、大人バンドらしい落ち着いた雰囲気のいいステージになってたんじゃないでしょうか。硬軟織り交ぜた盛りだくさんの二時間でした。

で、私自身の演奏はといいますと、これがもう本っ当にどうしようもなくガチガチの大緊張でして、ミスを大連発!あああああ~っと垂直落下!そのまま終了!チ~ン・・・でございました。

ブランク明けの大したレベルじゃありませんが、それでも練習してきた成果を十分に出せなかったのにはやっぱりちょっぴり悔いが残っちゃいますね。

これからバンド的には7月の定期演奏会に向けての本格的な練習が始まります。次は自分自身後悔しないよう、多忙を言い訳にせずしっかりと準備をしていきたいと思っております。

改めまして、応援してくださった皆様、助けていただいたメンバーの方々、本当に本当にありがとうございました!!

タイトルとURLをコピーしました